マヌカの特長

マヌカの特長

香り

クセのある独特で濃厚な香り

植物の種類

マヌカは、ニュージーランドに多く自生している常緑低木です。
ティートリーの遠種でピンク色の綺麗な花を咲かせます。
湿った土地を好み、日本ではギョリュウバイとも呼ばれています。

効果

抗菌、殺菌、抗ウイルス、鎮痛作用
喉の痛み、炎症など呼吸器系
皮脂の分解抑制作用、
切り傷、火傷、水虫、アトピー性皮膚炎

相性のいいオイル

ローズマリー
ゼラニウムラベンダー
クローブ
クラリセージ、マジョラム、
ラバンジン
ナツメグ
イランイラン
パイン

おすすめ利用法

オイルマッサージ

筋肉痛や関節炎などには、筋肉疲労部へ塗りマサージ

芳香浴

アロマディフューザー等にマヌカオイルを2.3滴垂らして蒸気を発生させることにより、
咳、風邪、流行性感冒、充血した肺などの症状を和らげ予防をします。

目次に戻る
他の効能、使い方