フランキンセンスの特長

フランキンセンスの特長

香り

ほのかな柑橘の匂いが漂う、ウッディーでスパイシーな香り
とても神秘的

植物の種類

中東が原産の常緑低木。大きいもので10メートルくらいの高さにまで成長します。
白か薄い紅色の花を咲かせます。
ソマリアやエチオピア、レバノンなどの乾燥した半砂漠地帯に育ちます。
この木の樹皮に切れ込みを入れると、ミルクのような乳白色の樹液がにじみ出てきます。
その樹脂を水蒸気蒸留したものがアロマセラピーの精油です。
そのため、フランキンセンスは別名、乳香(にゅうこう)とも呼ばれます。

効果

緊張、恐怖、パニック解消
気持ちを高揚させる作用
肺や鼻、のどの粘膜を鎮静する作用
気管支炎、喘息
消化促進作用、収れん作用、利尿作用、子宮強壮作用
シワ、たるみの改善

相性のいいオイル

ネロリ、ローズ
サンダルウッド
ミルラ

おすすめ利用法

芳香浴

心を落ち着かせるには、ディフューザーや空気清浄機に3滴くらいたらし、室内を充満させます。
リラックス効果抜群です。

目次に戻る
他の効能、使い方をみる