ラベンダーの特長

ラベンダーの特長

香り

さわやかでフローラルな香り

植物の種類

ラベンダーは耐寒性の低木で高さは1m位になります。
やせた土地を好みます。ブルガリアやフランスを中心に世界中で栽培されています。
ラベンダーの種類は多岐にわたります。
ラベンダーには色々な種類があり、精油として利用されているのは、
スパイク・ラベンダー、ラバンジン、フレンチラベンダーの3種類です。

効果

鎮静、鎮痛、消炎、抗アレルギー、抗うつ、抗ウイルス、抗真
デオドランド、発汗、利尿、通経、血圧降下、免疫強壮、細胞活性

相性のいいオイル

クラリセージ、ローズマリー
ゼラニウム、ネロリ、ローズ
クローブ
パチュリ

おすすめ利用法

入浴

天然塩15gにラベンダー・レイドバンのアロマオイルを3、4滴加えて混ぜます。
これを入浴の直前に浴槽のお湯によく溶かしてから入浴します。
風邪によく効きます。
ユーカリラディアタなどをブレンドするのもおすすめ。

オイルマッサージ

植物油10mlにラベンダー・ストエカス2滴を加えたオイルで気になるところを
マッサージしてみましょう。ダイエット効果があります。

目次に戻る

他の効能、使い方を見る