ドテラ社製エッセンシャルオイルとは

ドテラとは
2008年にアメリカで設立されたエッセンシャルオイルのトップメーカーです。
ドテラとはdoTERRAというラテン語の造語であり「地球からの贈り物」という意味です。


ドテラは多くの国の個人プロダクトコンサルタント(IPC)を介してエッセンシャルオイルを筆頭に
サプリメントやウェルネス製品を販売しています。
植物から採取したピュアーなエッセンシャルオイルを、ドテラの仲間たちと一緒に販売することで、
2016年には売上高で1500億円となる大きな企業に急成長しました。

そしてドテラの目指すところは

より豊かで幸せな暮らしを実現すること

となっています。

品質に関して

製品に関してはドテラ独自の品質検査基準を設け高い品質をコントロールしています。
エッセンシャルオイルはセラピー等級という最高品質水準のオイルで
混じりけのない純粋な(水、ビタミン、ファイバーが含まれない)オイルという意味です。
最近ではロット単位のクロマトグラフィーの検査結果も公表するようになっています。

販売に関して

ドテラの製品は※個人プロダクトコンサルタント(IPC)のみが販売でき
日本ではあまり好まれていないネットワークビジネスの販売スタイルです。
入会には紹介者が必須となっています。

が、いわゆるねずみ講やマルチ商法とは違い、商品の価値をしっかりと伝えるという
販売方法を取っています。

※購入方法は3つあります。詳しくは別ページにて紹介します。

ドテラ社のエッセンシャルオイルを購入するには
一般購入
愛用者会員購入
IPC会員購入

補足

尚、当サイトではネットワークビジネスの販売の形式はとりつつも
ビジネス目的だけで販売をしようとはしていません。
実際、このサイトの症状別エッセンシャルオイルの紹介でも
ドテラ社からの直売ではなく別の販売サイトからの紹介ページを
掲載しています。

あくまでも筆者の考える「中年の健康」とドテラ社が目的とする「より豊かで幸せな暮らしを実現すること」
が合致したまでの話です。

事実、この筆者である私自身ドテラ会員ではありません。
ネットワークビジネスに関しても真っ向から反対者でした。

しかし、少し考え方が変わるときがやってまいりました。

詳しくはこちらのブログ

私自身、健康に関して数年、多くのアロマオイルを購入、様々な健康法を駆使してまいりました。
偶然にも妻がドテラ社のエッセンシャルオイルを使用し始めてから、その品質の基準の高さには
横目で見ながらにも実感するところがあり、私自身も使用を始めてからは明らかに他社製品との違いを
感じていました。
もちろん他社製品にも優れた点があることは事実なのですが、体の変化を感じるようになったことは
ドテラ社製のエッセンシャルオイルが初めてのことでした。

ですので、ネットワークビジネスにご興味のある方は、紹介ページを用意しています。

ネットワークビジネスにご興味のある方はこちら