はじめてのアロマテラピー

アロマテラピーとは、植物から取り出した精油を心身に取り入れる自然療法のことです。

精油とは、
自然植物の花や葉、木部、果皮、樹皮、根、種子などの部分に存在する天然の液体のことで、
その植物の香り成分が凝縮されて含まれています。
一般的にはエッセンシャルオイルと呼ばれます。

一方、いわゆるアロマオイルとは
天然香料・精油(エッセンシャルオイル)や合成香料を、プロピレングリコールやアルコール、
植物油(キャリアオイル)や鉱物油などで希釈した製品のことです。

天然純度100%のものだけが精油(エッセンシャルオイル)と呼ばれ、
何らかの混ぜものが加えられたり、
人間の手によって作られたものとは区別されます。

雑貨店などで、人工的に香り付けされたオイル(フレイグランスオイル、ポプリオイル、アロマオイルなどの名称で販売されています)も、精油(エッセンシャルオイル)と似た形で小さな瓶に入れて販売されているため、わかりにくいです。
しかし、これらは通常、合成香料やアルコールなどが入っていますので、アロマテラピーに使用することはできません

誤って使用した場合には、

  • 正しい効果が期待できない。
  • 人体に害を及ぼす場合がある。
  • ですので、しっかりと理解したうえで使用することは大事なことです。

    アロマテラピーは医療ではありません

    精油の使い方

    目次

    吸入法

    空気中に拡散させた精油の香りを鼻から吸収する方法です。
    かぜやのどの痛みなど呼吸器系の不調を緩和するのに有効なのが、吸入法です。

    やり方

    1.精油をハンカチやコットンなどに1~2滴落とし、
    鼻の近くにもっていき、香りの成分を積極的に吸い込みます。
    (直接肌にふれないようにします)

    2.蒸気吸入法として洗面器などに熱めのお湯をはり、
    そこへ3滴以下の精油を落とし、蒸気を吸入します。

    女性の場合、美容効果をかねて蒸気吸入法をすることがおすすめです。
    蒸気吸入のときは目を閉じます。

    吸入法の注意点
    蒸気吸入法は少し刺激が強いので、せきが出る時やぜんそくの方や敏感肌の方は避けてください。
    時間は5分くらいにします。長時間の吸引は避けましょう。

    目次に戻る

    アロマバス

    アロマバスとは、浴槽に精油をまぜて入浴することです。
    キャリアオイル(植物油)や天然塩で精油を溶かして、
    もしくは精油をそのまま浴槽に入れます。
    精油はお湯に溶けないので、混ぜてから入りましょう。

    キャリアオイルとは
    植物の果実や種子から抽出される植物油のことを言います。 ビタミンやミネラルなどお肌に良い成分が含まれています。
    スイートアーモンド油、オリーブ油、ホホバ油などがあります。
    栄養分が含まれているので、それだけでも使えます。
    精油を肌に使う場合、原液での使用はできませんので、キャリアオイルと共に使用します。

    やり方

    精油は水に溶けにくいので、キャリアオイルや天然塩で希釈します。
    キャリアオイル精油だけを入れる方法もありますが、皮膚に刺激を感じることがあるので避けましょう。

    ガラスの器などに20mlのキャリアオイルに精油1~5滴をいれ、
    よく混ぜます。
    お風呂のお湯の中に入れてよくかき混ぜて入浴します。

    <アロマバスソルトの作り方>
    天然塩大さじ1杯に精油1~5滴をいれよく混ぜます。
    お風呂のお湯の中に入れて、よくかき混ぜて入浴します。
    天然塩には発汗作用もあるので、シェイプアップの効果も期待できます。

    目次に戻る

    トリートメント

    たとえば、肩が凝って辛いの~という場合、
    精油のローズマリーはコリをほぐしてくれる効能があります。

    10円硬貨程の大きさを手の平にとり、
    温めるようによくなじませてから肌に伸ばします。

    アロマバス・トリートメントなどは、芳香浴と違って、
    精油が体内にけい皮吸収されますので、
    誰でも使えるわけではないです。
    次の症状、状態の場合は避けてください。

    発疹・ねんざ・発熱・感染症・血栓症・飲酒時・手術後
    重度の心臓病・高血圧・低血圧・てんかん・乳幼児・高齢者・
    授乳中・妊娠中(一部のみOK!アロマ知識のある人に要相談)
    赤ちゃんは厳禁!

    目次に戻る

    湿布法

    精油をいれた水やお湯に布を浸して身体に当てる方法です。
    湿布法は症状に合わせて温めたタオル、
    冷やしたタオルを顔やからだの部分にあてることです。

    目の周りなどのマッサージできない部分にも手軽にできます。
    手軽にできるため、高齢者の方でも安心してできます。

    一般的には急性のトラブルには冷湿布法
    慢性のトラブルには温湿布法
    をします。

    やり方

    洗面器などの容器にお湯をいれ、精油を1~3滴落とします。
    そしてタオルなどをその中に入れます。

    表面に浮いた精油を含ませて軽くしぼって、患部にあてます。

    温湿布は慢性の痛みや腹部の痛みに効果があります。
    また、腰痛や生理痛、下痢やおなかの調子が悪いとき、 さらに肩こりなどにも有効です。

    筋肉は、温かいと弛緩するので、温湿布はリラックス効果もあります。

    目次に戻る

    症状別にさがす